空き地でアパート経営|みんなで大家さんは初心者でも安心|不動産投資で失敗しないコツ

みんなで大家さんは初心者でも安心|不動産投資で失敗しないコツ

男の人

空き地の有効活用

アパート経営を行う場合に、素人が建築から経営まで行うのは大変です。そのため、アパート建築やアパート経営のノウハウをもった企業が代行して行うことをサブリースと言います。サブリースでは、企業が、土地や建物の所有者からアパートを借り上げて入居者との賃貸契約を結ぶため、所有者の業務は大幅に軽くなります。その分だけサブリース会社は手数料という形で収入を得ることになります。既存のアパートを一括借り上げしてもらうこともありますが、通常は、土地所有者との間で、アパートの新築から経営までを含めて契約することが一般的です。土地の有効活用の一つの方策ですので、今後の活用を検討しているような空き地を持っている人におすすめです。

様々なメリット

サブリースを行う大きなメリットは、アパート経営における空室リスク・滞納リスクの軽減にあります。手数料分を会社に取られる分だけ、所有者は家賃保証を受けることができます。たとえ空室が発生した場合でも、入居者が滞納している場合でも、常に一定額の収入を得ることができます。収入額に変動があると、ローンの返済等において計画が狂う原因になりますので、安定した収益を得ることができるのは大きなメリットと言えます。また、入居者とのトラブルの当事者にならなくてすむ点も大きなメリットです。入居者は家賃を支払っている限りにおいては、大家よりも強い力を持っていますので、平気でクレームを言ってきます。その場合に当事者にならなくてすむのは安心です。